ホーム 全件表示 豆(まめ) > 備中産 小豆(岡山県内産)
備中産 小豆(岡山県内産)
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

 小豆は、古くから日本人い溶け込み、中国や韓国同様に、小豆の赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、厄除けやお祝いごとの年中行事に用いられてきたようです。  北海道産が有名ですが、岡山でも小豆の栽培をしています。 地元(備中産)のものは、食味、色味がよいとの評判もあるようです。

 膀胱炎にベリーいいそうです。 小豆のチーズケーキ (2015-9-26)

日ごとに涼しくなる秋は、膀胱炎に注意。 下腹部の冷えで膀胱への血流が低下し、白血球が不足して免疫力も低下、すると膀胱に細菌が繁殖して炎症が起こります。体温を温めながら利尿を高める「小豆」と殺菌作用の強い「クランベリー」を使って作るチーズケーキがおすすめです。http://jafmate.jp/bisyoku/index.html

 種皮の赤い色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、抗酸化作用や視力を向上させる効果があるとも言われているようです。 だから、皮ごと食べられるように調理したいですよね。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、鉄、カリウム、ビタミンB群
◎エネルギー:339kcal
◎主な生産地:ダントツで北海道です。約8割が十勝平野や上川地方、後志地方で作られています。次いで近畿地方(京都府、兵庫県)、中国地方(岡山県)、東北地方(青森県、岩手県、福島県)などで収穫されています。 
◎体への働き:☆むくみ解消。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。貧血の予防。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:紅色でつやがあり、百粒重が14.1g以上の中粒種。
◎豆の原産地:アジア
◎主な食べ方:あん、和菓子、赤飯、汁粉など


・豆は保存食にもおすすめ
 上手に保管すれば3年もちます。いざというときの備えにも。
豆類は秋に収穫され新豆として市場に出回ります。1年経つと「古(ひね)」と呼ばれ、2年経つと「大古(おおひね)」と呼ばれれます。 通常ですとここまでが消費期限と考えられています。 収穫から3年を過ぎたものは、食用に適しているとは思えません。 いつのものかわからない豆があったら水に漬けて判断します。2日間くらいつけてふやけるようだったら食べれます。水に漬けても水を吸わない豆は、炊いても煮えないので食べれません。


■名称: 小豆
■産地: 岡山県備中産
■品種: 小豆 
■産年: 2016年産(平成28年産) 
■内容量: 100g 
■送料は、別途負担願います。
■発送は、クロネコヤマトの宅急便を予定しています。
■数量が少ない場合は、郵便局の定形外郵便での発送も可能です。
■数量、発送方法に付きまして、ご希望があれば相談に応じます。

 ☆ tel: 080-5758-7508 この携帯電話番号でショートメールいただければ 折り返しショートメールでお返事しますよ。 eメールは a409s@hotmail.com です。

価格:280円
在庫数 : 4
注文数:

page top↑
| ホーム |