商品一覧


自然から与えられたままの玄米 1合(岡山県内産)

  日本は大昔、豊芦原の瑞穂の国(とよあしはら‐の‐みずほのくに)と呼ばれていたそうです。 《神意によって稲が豊かに実り、栄える国》って意味らしく、日本国の美称のようです。 稲は、湿気の多い日本の風土にぴったりな穀物のようです。 昔も今も、日本人にとってはなくてはならない主食ではないでしょうか。
 自然から与えられたままの米、つまり精米していない、もみ殻だけを取ったままの米が玄米です。 もみ殻を取っただけなので、胚芽の部分もそのままで、糊粉層、果皮、種皮と言う部分も もちろんそのまま残っていますよ。 日本人が長い歴史のなかで、主食として食べてきた米は玄米でした。
 ところが、搗いて(精米して)皮も胚芽も取り除き、胚乳(米の中心部)の部分だけにした白米を、江戸時代ごろから食べるようになってきました。 そのため、「江戸わずらい」と呼ばれる脚気(かっけ)が流行しはじめ、病気が多くなったと言われています。


※玄米と白米では、栄養価には雲泥の差がある。
  白米、つまり胚乳だけの米の主成分は、でん粉と7%のタンパク質ですが、玄米や胚芽米の胚芽の部分は、糖質の代謝を助けるビタミンB1が、白米の4倍もあります。 このビタミンB1が身体から不足すると、体がだるい、手足がしびれる、居眠り、神経の炎症などの症状が現れると言われています。 おいらが、むかし学校の朝礼の時に倒れる子がいたのもビタミンB1不足からくる生理現象だったのだろうか?
 ビタミンB2も多く、成長促進因子で発育に欠かせないビタミンB2は、また皮膚を丈夫に美しく、体液の酸化を防ぎ、血液を浄める働きもあるそうです。 ナイアシンと言う成分も多いようで、これはガンを抑制する作用もあるとか。  
 骨を丈夫にするビタミンDもあるそうで、この頃の子どもが骨折しやすいもろい骨になったり、虫歯が多くなったのも、精米した穀類や甘いものの食べ過ぎや飲みすぎが原因かも知れません。
 胚芽の中には、生殖ビタミン、または、老化防止のビタミンとして知られるビタミンEがあり、不妊やインポテンツの人が、玄米食を続けるうちに子宝に恵まれる事もあったそうです。このビタミンEが欠乏すると生殖細胞が異常となり不妊症や流産などの原因になる事もあるようです。
 皮膚を美しくするビタミンFの含まれていて、ビタミンFが不足すると肌がカサカサになり、排卵不全や血尿を起こすとも言われています。
 また玄米には、肝臓を強めて老廃物を体外に排泄する大切な役目を果たすイノシントールや、制ガン作用のあるベーターシステロールという成分もあるようで、体力増進に役立つのはもちろん、解毒作用を強める力もあるようです。


価格:150円
在庫数 : 28
注文数:

古代米の赤米(紅染めもち)玄米
赤米は、縄文時代に大陸から日本へはじめて伝わったとされる日本のお米のルーツとも言われています。邪馬台国や、大和朝廷に献上されていたのも赤米だったそうです。
価格:150円
在庫数 : 50
注文数:

備中産 大豆「黄大豆」(岡山県産)

「畑の肉」と呼ばれるほどの栄養豊富な大豆

 大豆は、紀元前2000年以前から中国で栽培されていたようです。 我が国に伝えられたのは、弥生時代初期とみられています。

 日本国内で広く栽培されるようになったのは鎌倉時代以降のようです。 大豆は「畑の肉」呼ばれるだけあって、現在では全国各地で栽培されています。 北海道、東北、関東、北陸、九州などの地域で栽培が盛んなようです。

 黄大豆のおもな分布:〇北海道-ユキホマレ、スズマル、〇青森県-おおすず、〇秋田県-リュウホウ、〇岩手県-ナンブシロメ、〇山形県・新潟県・富山県・石川県・福井県-エンレイ、〇宮城県-ミヤギシロメ、タンレイ、〇福島県・栃木県・群馬県・埼玉県-タチナガハ、〇茨木県-納豆小豆、〇東京都-その他(複数の品種が少量ずつ作付されているため代表品種がない。) 〇千葉県-フクユタカ、〇神奈川県-津久井在来、〇山梨県-あやこがね、〇長野県-ナカセンナリ、〇三重県・滋賀県・岐阜県・愛知県・静岡県-フクユタカ、〇和歌山県-その他、〇京都府-オオツル、〇大阪府-タマホマレ、〇奈良県・鳥取県・島根県・広島県・山口県・兵庫県・岡山県-サチユタカ、〇香川県・徳島県・高知県・愛媛県・大分県・宮崎県・福岡県・熊本県・佐賀県・長崎県・鹿児島県-フクユタカ

 大豆は熟した豆の色で種類が分かれています。黒大豆、青大豆、赤大豆、茶大豆といった色の大豆がある中で、我々がよく目にする大豆は種皮が黄白色か黄色の「黄大豆」です。 黄大豆は、豆の中でも一番品種が多く400種類を超えるとか。 黄大豆の主なものは、「フクユタカ」、「エンレイ」、「タチナガハ」、「ユキホマレ」などです。 黄大豆は全国の都道府県で栽培されていて、海外で栽培されている大豆もほとんどが黄大豆のようです。

 味噌、醤油、豆腐、納豆、大豆油などの加工品は、おもに黄大豆を原料として作られています。

◎主な栄養成分:タンパク質、食物繊維、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:417kcal(大豆)
◎主な生産地:北海道 
◎体への働き:☆体を元気にする。代謝アップ。血行促進。胃腸を整える。骨粗しょう症の予防。 
◎豆の区分:脂質グループ 
◎豆の特徴:「大粒」 楕円形が熟すと丸くなる。
◎豆の原産地:中国
◎主な食べ方:煮豆、納豆、豆腐、醤油、味噌、塩ゆでなど

価格:150円
在庫切れです。お問合せ下さい。

備中産 ナタ豆 (種子)

かなり大きな豆ができる。

ジャックと豆の木を思い出すような豆です。

ナタマメはマメ亜科の一年草です。 刀豆、帯刀とも呼ばれるようです。 以前から漢方薬として知られており、近年では健康食品、健康茶としても一般的に知られるようになりました。 我が家では、おばあさんが味噌漬けやお茶に加工しています。

価格:160円
在庫切れ

備中産のオーガニックな栗を使って作った饅頭 略して「びっ栗饅頭」

 30年以上無農薬、有機栽培の和栗を使っています。

価格:180円
在庫数 : 50
注文数:

備中産 銀杏(ぎんなん) 岡山県内産
茶碗蒸しにしたり、焼いたりして食べることもできますが、種として銀杏を育てることもできますよ。
価格:200円
在庫数 : 0 袋


備中産 青大豆(岡山県産)

 青大豆は黄色い大豆と比べて 「油分が少ない」 でも 「糖分が多い」 と成分がちがうようです。

 青大豆は普通の豆と比べて見た目は大粒だとか言われますが、うちの青大豆の大きさはそんなに違いませんけど。 風味豊かで甘みが強く、そして低脂肪でおいしい青大豆は希少価値が高い隠れた名品なんてことも言われているようですが、こちらでは、他の豆と同様に栽培してるので価格の差はないでしょう?


 青大豆のおもな分布:〇北海道-音更大袖(おとふけおおそで)、〇岩手県-青丸くん、〇山形県-秘伝豆、青大豆、黒神、〇宮城県-青大豆、〇新潟県-青大豆、岩手みどり、さとういらず、〇埼玉県-青山在来、行田在来、さとういらず、〇長野県-くらかけ豆、 〇福井県-おおだるま、岩手みどり、〇奈良県-あやみどり、〇兵庫県・岡山県-青大豆、〇福岡県-キヨミドリ、〇大分県-キヨミドリ、〇宮崎県-キヨミドリ


◎主な栄養成分:タンパク質、食物繊維、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:417kcal(大豆)
◎主な生産地:山形県、宮城県、新潟県、兵庫県、岡山県。 
◎体への働き:☆体を元気にする。代謝アップ。血行促進。胃腸を整える。骨粗しょう症の予防。 
◎豆の区分:脂質グループ 
◎豆の特徴:「大粒」 楕円形が熟すと丸くなる。
◎豆の原産地:中国
◎主な食べ方:菓子、豆腐、醤油、味噌、納豆など

価格:200円
在庫数 : 10
注文数:

備中産 黒ささげ(別名:黒小豆) 岡山県内産

黒小豆 なのに、じつはささげの仲間。

 秋田県などでつくられる黒ささげは、栽培農家が減少しているようです。 黒ささげの多くはタイで栽培されるようになり「ブラックペルン」の名前で輸入されているようです。 黒ささげを使った赤飯は黒紫色になるのが特徴です。  沖縄でつくられる「黒小豆」は、小豆と言う名ですが、じつはささげなんだとか。 種皮の赤い色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、抗酸化作用や視力を向上させる効果があるとも言われているようです。 だから、皮ごと食べられるように調理したいですよね。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、カリウム、食物繊維、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2
◎エネルギー:336kcal (ささげ)
◎主な生産地:秋田県、沖縄県。 ※日本国内で流通しているささげは、8割以上が中国やタイから輸入されているようです。日本では沖縄県や岡山県が主力の生産地のようです。 
◎体への働き:☆代謝のアップ。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。貧血の予防。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:つやのある黒色。
◎豆の原産地:アフリカ
◎主な食べ方:あん、甘納豆、赤飯など

価格:250円
ただいま在庫切れです。お問合せ下さい。

ちょっピリ心のこもった 一味唐辛子(岡山県産)

この一味は

うどん・そば・漬け物・野菜の煮物・キンピラごぼう・紅葉おろし等、ピリッと辛い味付けに・・・・・・

価格:250円
在庫数 : 3
注文数:


page top↑
おすすめ商品

page top↑
| ホーム |