商品一覧


備中産 古代エジプトの主食 ソラマメ
 岡山県井原市で栽培したソラマメです。
価格:100円
在庫数 : 5
注文数:

幸福を呼ぶ豆 黒目豆 (備中産)

この黒目豆は、今年こちら(備中)で収穫したものです。食べることもできますが、種として植えることもできますよ。無農薬で栽培したもので、収穫後も防虫剤や種子消毒など、一切していません。


アメリカ南部では「幸福を呼ぶ豆」として、正月料理に欠かせない豆だとか。

 ささげの仲間の「黒目豆」は、へその周囲が黒い輪になっていて、それが目のように見えることから、「黒目豆(くろめまめ)」と言われるようです。 英語では「ブラックアイド・ビー(blackeyed peas)」と言うようです。 日本へはアメリカから輸入されることが多いようですが、インドから中東にかけての地域でも栽培されています。
 ささげは、アフリカが原産地で、そこからヨーロッパへ伝わり、さらにアメリカ大陸へと伝わりました。 「黒目豆」は、奴隷として連れ出されたアフリカの人たちによって西インド諸島やアメリカ南部へもたらされました。そのため、「黒目豆」はアフリカ系アメリカ人のソウルフードとして、欠かせない食材のようです。 日本では、新年におせち料理やお雑煮を食べますが、アメリカ南部では「黒目豆」を新年に「福豆」として飛べる習慣があるようです。 ハムやベーコンと一緒に煮込んだり、サラダとして食べるようです。 また、米と一緒に炊き込む「ホッピン・ジョン(hoppin john)」も、アメリカ南部の家庭のお決まりの料理として有名だとか。
 黒目豆は、水でもどす必要がなく皮に渋みが少ないため、日本では白あんにされるようです。 ベトナムではデザートの材料として使われるようです。
■主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2。
■エネルキー:336kcal(ささげ)。 
■主な生産地:アメリカ、インド。
■主な食べ方:煮込み料理、白あん、スープなど。





価格:100円
在庫数 : 3
注文数:

自然から与えられたままの玄米 1合(岡山県内産)

  日本は大昔、豊芦原の瑞穂の国(とよあしはら‐の‐みずほのくに)と呼ばれていたそうです。 《神意によって稲が豊かに実り、栄える国》って意味らしく、日本国の美称のようです。 稲は、湿気の多い日本の風土にぴったりな穀物のようです。 昔も今も、日本人にとってはなくてはならない主食ではないでしょうか。
 自然から与えられたままの米、つまり精米していない、もみ殻だけを取ったままの米が玄米です。 もみ殻を取っただけなので、胚芽の部分もそのままで、糊粉層、果皮、種皮と言う部分も もちろんそのまま残っていますよ。 日本人が長い歴史のなかで、主食として食べてきた米は玄米でした。
 ところが、搗いて(精米して)皮も胚芽も取り除き、胚乳(米の中心部)の部分だけにした白米を、江戸時代ごろから食べるようになってきました。 そのため、「江戸わずらい」と呼ばれる脚気(かっけ)が流行しはじめ、病気が多くなったと言われています。


※玄米と白米では、栄養価には雲泥の差がある。
  白米、つまり胚乳だけの米の主成分は、でん粉と7%のタンパク質ですが、玄米や胚芽米の胚芽の部分は、糖質の代謝を助けるビタミンB1が、白米の4倍もあります。 このビタミンB1が身体から不足すると、体がだるい、手足がしびれる、居眠り、神経の炎症などの症状が現れると言われています。 おいらが、むかし学校の朝礼の時に倒れる子がいたのもビタミンB1不足からくる生理現象だったのだろうか?
 ビタミンB2も多く、成長促進因子で発育に欠かせないビタミンB2は、また皮膚を丈夫に美しく、体液の酸化を防ぎ、血液を浄める働きもあるそうです。 ナイアシンと言う成分も多いようで、これはガンを抑制する作用もあるとか。  
 骨を丈夫にするビタミンDもあるそうで、この頃の子どもが骨折しやすいもろい骨になったり、虫歯が多くなったのも、精米した穀類や甘いものの食べ過ぎや飲みすぎが原因かも知れません。
 胚芽の中には、生殖ビタミン、または、老化防止のビタミンとして知られるビタミンEがあり、不妊やインポテンツの人が、玄米食を続けるうちに子宝に恵まれる事もあったそうです。このビタミンEが欠乏すると生殖細胞が異常となり不妊症や流産などの原因になる事もあるようです。
 皮膚を美しくするビタミンFの含まれていて、ビタミンFが不足すると肌がカサカサになり、排卵不全や血尿を起こすとも言われています。
 また玄米には、肝臓を強めて老廃物を体外に排泄する大切な役目を果たすイノシントールや、制ガン作用のあるベーターシステロールという成分もあるようで、体力増進に役立つのはもちろん、解毒作用を強める力もあるようです。


価格:100円
在庫数 : 28
注文数:

備中産 いんげん豆(岡山県内産)

食べるだけじゃない!

タネとして栽培して楽しんでる方もいます。

価格:150円
売り切れです。予約受付中、お問合せ下さい。

備中産 金時豆 (岡山県井原市産)

いんげん豆で一番多くつくられている。

 いんげん豆の代表的な種類で、日本で栽培されているインゲン豆の半分以上が金時豆と言われています。 豆の形が整っていて食味が優れているため、煮豆に適しています。 なかでも生産量が多い品種の「大正金時」は、粒が大きく美しい赤紫色で「赤いんげん」とも呼ばれているようです。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、ビタミンB1、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:333kcal(いんげん豆)
◎主な生産地:北海道(十勝、網走) 
◎体への働き:☆体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。疲れをとる。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:だ円形で大粒、赤紫色。
◎豆の原産地:中南米(いんげん豆)
◎主な食べ方:煮豆、洋風の煮込み料理、甘納豆など


価格:150円
在庫切れ、お問い合わせください。

備中産 白米(朝日) 1合  岡山県産

今では、岡山県内でも珍しい品種となりました。
昔は、すし米として人気があったようです。

もっちりと、噛み応えある お米です。

価格:150円
在庫数 : 50
注文数:

備中産 白小豆(岡山県産)

白アンを作るなら白小豆がいいんですが、アンだけじゃないぞ!

そうです! 食べるだけじゃない!


タネとして栽培して楽しんでる方もいます。

価格:150円
ただいま在庫切れですが、少量なら用意できることもありますので、お問い合わせください。

イタリア米(カルナローリ) 玄米 1合(約140g)岡山県産

 ありがとうございます。 今年2016年産イタリア米(品種:カルナローリ)は、まだ脱穀できていませんが、10月5日に完売となりました。 2015年産は玄米が少しあります。

 植えてみたい人向けに種モミもなくなりました。 自分で栽培して調理し、食べるリゾットは最高じゃないかと思っています。

 2017年産イタリア米をご希望の方は、ご連絡いただければ栽培量を増やそうかと思います。

価格:150円
在庫数 : 1
注文数:

備中産  もち米   岡山県産

 わが家は、昔からもち米も栽培しています。 うちのおばあさんがモチが好きで、自家栽培のもち米で毎年正月用のもちをついています。 きめ細かくのびが良いのが特徴のもち米です。

価格:150円
在庫数 : 90
注文数:

2016「よもぎカステラ」 岡山県内産天然ヨモギ使用
2016年
「よもぎカステラ」
 休耕田に自然に自生している ヨモギ を使用して焼き上げたカステラです。
 ヨモギが入ってるのが見てわかるほどです。
数量限定販売品です。


価格:150円
在庫切れです。 お問い合わせください。 tel: 080-5758-7508


page top↑
おすすめ商品

page top↑
| ホーム |