商品一覧


備中産 古代エジプトの主食 ソラマメ
 岡山県井原市で栽培したソラマメです。
価格:100円
在庫切れです。

備中産 大豆「黄大豆」(岡山県産)

「畑の肉」と呼ばれるほどの栄養豊富な大豆

 大豆は、紀元前2000年以前から中国で栽培されていたようです。 我が国に伝えられたのは、弥生時代初期とみられています。

 日本国内で広く栽培されるようになったのは鎌倉時代以降のようです。 大豆は「畑の肉」呼ばれるだけあって、現在では全国各地で栽培されています。 北海道、東北、関東、北陸、九州などの地域で栽培が盛んなようです。

 黄大豆のおもな分布:〇北海道-ユキホマレ、スズマル、〇青森県-おおすず、〇秋田県-リュウホウ、〇岩手県-ナンブシロメ、〇山形県・新潟県・富山県・石川県・福井県-エンレイ、〇宮城県-ミヤギシロメ、タンレイ、〇福島県・栃木県・群馬県・埼玉県-タチナガハ、〇茨木県-納豆小豆、〇東京都-その他(複数の品種が少量ずつ作付されているため代表品種がない。) 〇千葉県-フクユタカ、〇神奈川県-津久井在来、〇山梨県-あやこがね、〇長野県-ナカセンナリ、〇三重県・滋賀県・岐阜県・愛知県・静岡県-フクユタカ、〇和歌山県-その他、〇京都府-オオツル、〇大阪府-タマホマレ、〇奈良県・鳥取県・島根県・広島県・山口県・兵庫県・岡山県-サチユタカ、〇香川県・徳島県・高知県・愛媛県・大分県・宮崎県・福岡県・熊本県・佐賀県・長崎県・鹿児島県-フクユタカ

 大豆は熟した豆の色で種類が分かれています。黒大豆、青大豆、赤大豆、茶大豆といった色の大豆がある中で、我々がよく目にする大豆は種皮が黄白色か黄色の「黄大豆」です。 黄大豆は、豆の中でも一番品種が多く400種類を超えるとか。 黄大豆の主なものは、「フクユタカ」、「エンレイ」、「タチナガハ」、「ユキホマレ」などです。 黄大豆は全国の都道府県で栽培されていて、海外で栽培されている大豆もほとんどが黄大豆のようです。

 味噌、醤油、豆腐、納豆、大豆油などの加工品は、おもに黄大豆を原料として作られています。

◎主な栄養成分:タンパク質、食物繊維、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:417kcal(大豆)
◎主な生産地:北海道 
◎体への働き:☆体を元気にする。代謝アップ。血行促進。胃腸を整える。骨粗しょう症の予防。 
◎豆の区分:脂質グループ 
◎豆の特徴:「大粒」 楕円形が熟すと丸くなる。
◎豆の原産地:中国
◎主な食べ方:煮豆、納豆、豆腐、醤油、味噌、塩ゆでなど

価格:150円
在庫切れです。お問合せ下さい。

備中産 小豆(岡山県内産)

 小豆は、古くから日本人い溶け込み、中国や韓国同様に、小豆の赤色に魔除けなどの神秘的な力があると信じられ、厄除けやお祝いごとの年中行事に用いられてきたようです。  北海道産が有名ですが、岡山でも小豆の栽培をしています。 地元(備中産)のものは、食味、色味がよいとの評判もあるようです。

 膀胱炎にベリーいいそうです。 小豆のチーズケーキ (2015-9-26)

日ごとに涼しくなる秋は、膀胱炎に注意。 下腹部の冷えで膀胱への血流が低下し、白血球が不足して免疫力も低下、すると膀胱に細菌が繁殖して炎症が起こります。体温を温めながら利尿を高める「小豆」と殺菌作用の強い「クランベリー」を使って作るチーズケーキがおすすめです。http://jafmate.jp/bisyoku/index.html

 種皮の赤い色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、抗酸化作用や視力を向上させる効果があるとも言われているようです。 だから、皮ごと食べられるように調理したいですよね。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、鉄、カリウム、ビタミンB群
◎エネルギー:339kcal
◎主な生産地:ダントツで北海道です。約8割が十勝平野や上川地方、後志地方で作られています。次いで近畿地方(京都府、兵庫県)、中国地方(岡山県)、東北地方(青森県、岩手県、福島県)などで収穫されています。 
◎体への働き:☆むくみ解消。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。貧血の予防。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:紅色でつやがあり、百粒重が14.1g以上の中粒種。
◎豆の原産地:アジア
◎主な食べ方:あん、和菓子、赤飯、汁粉など


・豆は保存食にもおすすめ
 上手に保管すれば3年もちます。いざというときの備えにも。
豆類は秋に収穫され新豆として市場に出回ります。1年経つと「古(ひね)」と呼ばれ、2年経つと「大古(おおひね)」と呼ばれれます。 通常ですとここまでが消費期限と考えられています。 収穫から3年を過ぎたものは、食用に適しているとは思えません。 いつのものかわからない豆があったら水に漬けて判断します。2日間くらいつけてふやけるようだったら食べれます。水に漬けても水を吸わない豆は、炊いても煮えないので食べれません。


価格:280円
在庫数 : 4
注文数:

備中産 日本いちじく (岡山県内産)

 イチジクは、甘さと香りが濃い日本イチジクと、大ぶりな果実でさっぱりした味の西洋イチジクがあります。 さて、あなたはどちらが好み? (国内で流通しているイチジクの約8割は西洋イチジクと言われています。)
 食物繊維が豊富で、消化を助ける酵素フィシンを含み、食後のデザートに最適ですよね。

 岡山県内では笠岡市が日本イチジク、備前市、岡山市が西洋イチジクの産地となっています。 露地物は8月から出回り始め、9月中旬から下旬が最盛期といわれています。

 今年は8月後半の天候不順で例年より3割から4割も少ない状況で、スーパーなどでは1パック(3個から6個入り)が400円~500円とやや高めのようです。
                                            (2015-09-20)

◇イチジクの選び方知ってますよね。◇
 切り口が乾燥していなくて、果実全体が均一にえんじ色なっているものがおすすめです。 果頂部(果実の先(頭)の部分)が割れて中が少しのぞいたぐらいが食べごろです。 痛みやすいので早めに食べれない場合は、切り分けて冷凍かドライフルーツや、ワイン煮などに加工した方がいいと思います。 雨上がりに収穫したイチジクは、傷みやすく味も落ちるので避けた方がいいのですが、買う時にはいつ採ったかわかりませんよね。

価格:2,000円
在庫数 : 0 箱

備中産 清水白桃 岡山のもも

今年はおおむね良好な「岡山の桃」。

岡山を代表する夏の果物・桃の出荷がピークを迎えています。 今年は5月の好天で全般的に生育が進み、出荷は平年より1週間程度早いペースと思われていました。 玉太りや食味などの品質はおおむね良好ながら、7月の台風11号が清水白桃の収穫期を迎えた桃畑を直撃し、実が落ちたり、若木が折れたりして約1割に被害が発生しました。 台風直撃により大きな打撃を受けています。

価格:5,000円
在庫切れ、お問い合わせください。

備中産 白小豆(岡山県産)

白アンを作るなら白小豆がいいんですが、アンだけじゃないぞ!

そうです! 食べるだけじゃない!


タネとして栽培して楽しんでる方もいます。

価格:150円
ただいま在庫切れですが、少量なら用意できることもありますので、お問い合わせください。

備中産 金時豆 (岡山県井原市産)

いんげん豆で一番多くつくられている。

 いんげん豆の代表的な種類で、日本で栽培されているインゲン豆の半分以上が金時豆と言われています。 豆の形が整っていて食味が優れているため、煮豆に適しています。 なかでも生産量が多い品種の「大正金時」は、粒が大きく美しい赤紫色で「赤いんげん」とも呼ばれているようです。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、ビタミンB1、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:333kcal(いんげん豆)
◎主な生産地:北海道(十勝、網走) 
◎体への働き:☆体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。疲れをとる。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:だ円形で大粒、赤紫色。
◎豆の原産地:中南米(いんげん豆)
◎主な食べ方:煮豆、洋風の煮込み料理、甘納豆など


価格:150円
在庫切れ、お問い合わせください。

備中産 銀杏(ぎんなん) 岡山県内産
茶碗蒸しにしたり、焼いたりして食べることもできますが、種として銀杏を育てることもできますよ。
価格:200円
在庫数 : 0 袋

備中産 青大豆(岡山県産)

 青大豆は黄色い大豆と比べて 「油分が少ない」 でも 「糖分が多い」 と成分がちがうようです。

 青大豆は普通の豆と比べて見た目は大粒だとか言われますが、うちの青大豆の大きさはそんなに違いませんけど。 風味豊かで甘みが強く、そして低脂肪でおいしい青大豆は希少価値が高い隠れた名品なんてことも言われているようですが、こちらでは、他の豆と同様に栽培してるので価格の差はないでしょう?


 青大豆のおもな分布:〇北海道-音更大袖(おとふけおおそで)、〇岩手県-青丸くん、〇山形県-秘伝豆、青大豆、黒神、〇宮城県-青大豆、〇新潟県-青大豆、岩手みどり、さとういらず、〇埼玉県-青山在来、行田在来、さとういらず、〇長野県-くらかけ豆、 〇福井県-おおだるま、岩手みどり、〇奈良県-あやみどり、〇兵庫県・岡山県-青大豆、〇福岡県-キヨミドリ、〇大分県-キヨミドリ、〇宮崎県-キヨミドリ


◎主な栄養成分:タンパク質、食物繊維、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:417kcal(大豆)
◎主な生産地:山形県、宮城県、新潟県、兵庫県、岡山県。 
◎体への働き:☆体を元気にする。代謝アップ。血行促進。胃腸を整える。骨粗しょう症の予防。 
◎豆の区分:脂質グループ 
◎豆の特徴:「大粒」 楕円形が熟すと丸くなる。
◎豆の原産地:中国
◎主な食べ方:菓子、豆腐、醤油、味噌、納豆など

価格:200円
在庫数 : 10
注文数:

備中産 黒ささげ(別名:黒小豆) 岡山県内産

黒小豆 なのに、じつはささげの仲間。

 秋田県などでつくられる黒ささげは、栽培農家が減少しているようです。 黒ささげの多くはタイで栽培されるようになり「ブラックペルン」の名前で輸入されているようです。 黒ささげを使った赤飯は黒紫色になるのが特徴です。  沖縄でつくられる「黒小豆」は、小豆と言う名ですが、じつはささげなんだとか。 種皮の赤い色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、抗酸化作用や視力を向上させる効果があるとも言われているようです。 だから、皮ごと食べられるように調理したいですよね。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、カリウム、食物繊維、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2
◎エネルギー:336kcal (ささげ)
◎主な生産地:秋田県、沖縄県。 ※日本国内で流通しているささげは、8割以上が中国やタイから輸入されているようです。日本では沖縄県や岡山県が主力の生産地のようです。 
◎体への働き:☆代謝のアップ。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。貧血の予防。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:つやのある黒色。
◎豆の原産地:アフリカ
◎主な食べ方:あん、甘納豆、赤飯など

価格:250円
ただいま在庫切れです。お問合せ下さい。


page top↑
おすすめ商品

page top↑
| ホーム |