ホーム > 全件表示
商品一覧


備中産 金時豆 (岡山県井原市産)

いんげん豆で一番多くつくられている。

 いんげん豆の代表的な種類で、日本で栽培されているインゲン豆の半分以上が金時豆と言われています。 豆の形が整っていて食味が優れているため、煮豆に適しています。 なかでも生産量が多い品種の「大正金時」は、粒が大きく美しい赤紫色で「赤いんげん」とも呼ばれているようです。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、ビタミンB1、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:333kcal(いんげん豆)
◎主な生産地:北海道(十勝、網走) 
◎体への働き:☆体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。疲れをとる。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:だ円形で大粒、赤紫色。
◎豆の原産地:中南米(いんげん豆)
◎主な食べ方:煮豆、洋風の煮込み料理、甘納豆など


価格:150円
在庫切れ、お問い合わせください。

備中産2016 オーガニックな栗の実 (冷凍)

 今年(2016年)もコツコツと栗の実をほじくりました。

 拾ってきた栗は、水に浸けて沈んだものだけを選び出し、虫食いの栗ははじきます。 圧力なべで栗を煮てから、熱いうちに包丁で真っ二つに切り、特製スプーンで栗の実をほじくって取り出した栗の実を冷凍にしています。

 30年以上完璧すぎる無農薬で有機栽培の栗です。 栗畑の周りは耕作放棄地で農薬など一切使用していません。っていうか栗の木の下草を刈ることしかしていません。自然栽培って言った方がいいのかな?

 マロンペーストを作るために冷凍保存をしているものです。 作ったマロンペーストを使って、和栗シュウクリーム、和栗焼きプリン、モンブランケーキなどがつくれます。

 栗を圧力鍋で煮(ゆで)たものを、包丁で半分に切って、スプーンで実を取り出したものを冷凍にしました。  包丁で鬼皮を切りますので、鬼皮や渋皮のかけらが混入する場合があります。神経質な方はご遠慮ねがいます。

価格:1,500円
在庫数 : 6
注文数:

発芽前分づき玄米(備中産)
 この発芽玄米ですが、正確に言うと発芽前の玄米なんですよ。 ふつうの白米を炊くときと同じように吸水させて炊けば、食べるときには発芽玄米ごはんになってるっていうお米です。

発芽のパワーを最大限に高める「発芽ごはん」
 
玄米には、白米に比べ食物繊維や各種ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸など、人間に必要な栄養素がバランスよく含まれています。 玄米の表面を薄く一皮はいだ発芽前分づき玄米は、有用成分を含む胚芽や澱粉子を残し、玄米の硬いシブ皮を取り除くことで水が浸透しやすく、浸漬すると約30分で発芽の準備を開始。
白米と比べても食べやすい、健康食に変身します。これが「発芽ごはん」です。

■天然ギャバ
栄養成分「ギャバ」が豊富 

「ギャバ(γ-アミノ酸)」が白米の約34倍も含まれており、脳の血流を活発にし、酸素供給を増加させ、脳の新陳代謝を促進することから、高血圧・動脈硬化・認知症等の予防効果が注目されています。


■食物繊維
便秘やダイエット、生活習慣病にも!

「発芽ごはん」に多く含まれる「食物繊維」が便秘を予防し、腸内の毒素を排出。また、脂肪を包み込んで吸収を遅らせ、余分な脂肪摂取の抑制やコレステロール&血圧を下げる効果も期待されています。


■マグネシウム
健康維持には不可欠なミネラル

マグネシウムは、脳の働きや神経を動かすには必要なミネラル分ですが、必要量を摂取するのが難しく、不足すると偏頭痛をはじめ筋肉・心筋の伸縮不全など生活習慣病全般に影響があるといわれています。


■ビタミンB1・ビタミンE
元気を保っていつまでも若々しく!  

「発芽ごはん」に含まれる「ビタミンB1」は肩こりや疲労回復に、また、「ビタミンE」は冷え性や老化防止に効果があるといわれています。


価格:300円
在庫数 : 10
注文数:

高級香り米と言われるジャスミン米(モミ) (岡山県内産)

 高級香り米として知られるのが「ジャスミン米」ですよね。

ジャスミン米は、インディカ米です。日本国内で販売されているジャスミン米の多くはタイ王国産の輸入品です。 日本で一般に食べられているのはジャポニカ米ですから、ジャスミン米を使う料理には適しません。 そうです。インディカ米とジャポニカ米は違うのです。 タイ王国で栽培させているタイ米の最高級米が、香りの良いジャスミン米と言われているようです。 香りが良いので熟睡できるとか? 夜、ぐっすり眠れない人は、食べてみるのもいいんじゃないかな?

価格:300円
在庫数 : 2
注文数:

備中産 くらかけ豆(岡山県産)

海苔のような香りに こりこりとした食感

 緑色の地に黒い斑点がある青大豆です。  この模様が、馬に鞍をかけたように見えることから名前が付いたそうです。 ゆでると海苔のような香りがして、こりこりとした食感になるのが特徴のようです。 香りを楽しむのなら、シンプルな塩ゆでがおすすめです。  とある郷土料理の「浸し豆」にも使われるようです。  この豆は香りと食感のよさで人気があるようです。

◎主な栄養成分:タンパク質、食物繊維、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:417kcal(大豆)
◎主な生産地:長野県 
◎体への働き:☆体を元気にする。代謝アップ。血行促進。胃腸を整える。骨粗しょう症の予防。 
◎豆の区分:脂質グループ 
◎豆の特徴:「中粒」 楕円形が熟すと丸くなる。
◎豆の原産地:中国
◎主な食べ方:納豆、豆腐、醤油、味噌、塩ゆでなど

価格:250円
在庫数 : 4
注文数:

備中産 青大豆(岡山県産)

 青大豆は黄色い大豆と比べて 「油分が少ない」 でも 「糖分が多い」 と成分がちがうようです。

 青大豆は普通の豆と比べて見た目は大粒だとか言われますが、うちの青大豆の大きさはそんなに違いませんけど。 風味豊かで甘みが強く、そして低脂肪でおいしい青大豆は希少価値が高い隠れた名品なんてことも言われているようですが、こちらでは、他の豆と同様に栽培してるので価格の差はないでしょう?


 青大豆のおもな分布:〇北海道-音更大袖(おとふけおおそで)、〇岩手県-青丸くん、〇山形県-秘伝豆、青大豆、黒神、〇宮城県-青大豆、〇新潟県-青大豆、岩手みどり、さとういらず、〇埼玉県-青山在来、行田在来、さとういらず、〇長野県-くらかけ豆、 〇福井県-おおだるま、岩手みどり、〇奈良県-あやみどり、〇兵庫県・岡山県-青大豆、〇福岡県-キヨミドリ、〇大分県-キヨミドリ、〇宮崎県-キヨミドリ


◎主な栄養成分:タンパク質、食物繊維、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:417kcal(大豆)
◎主な生産地:山形県、宮城県、新潟県、兵庫県、岡山県。 
◎体への働き:☆体を元気にする。代謝アップ。血行促進。胃腸を整える。骨粗しょう症の予防。 
◎豆の区分:脂質グループ 
◎豆の特徴:「大粒」 楕円形が熟すと丸くなる。
◎豆の原産地:中国
◎主な食べ方:菓子、豆腐、醤油、味噌、納豆など

価格:200円
在庫数 : 10
注文数:

備中だるまささげ(種子)

 備中だるまささげは、農家がずーっと引き継いだ品種。

 一度でいいから、「だるまささげ」を植えて栽培してみたい! と思ってる人向けの種子です。

 安心してください! 食べることもできまよ。 種用としての消毒などの処理は全くしていません。 

◎1袋100gで約500粒の豆があります。2粒づつ30cm間隔で植えると、30㎡の土地が必要になります。 発芽率は100%ではありません。鳥に食べられこともあります。 プランターなどで苗作りしてから、畑に植える方がいいかと思いますが、その分、手間がかかります。

◎先日(2016年2月27日土)、「だるまささげは、いつごろ植えたらいいんですか?」って問い合わせがありました。 「こちらでは、4月20日ごろから5月のゴールデンウイークが終わるまでに植えるようにしていますよ。」って言いました。 また、「収穫はいつ頃ですか?」と言われ、「8月初旬くらいから、カリカリに熟れたものから、毎日、サヤごと収穫して天日干しして、脱穀しますよ。」って言いました。 わかってもらえただろうか?

◎「この備中だるまささげの種は食べれますか?」って、今日(2016年2月17日水)も問い合わせがありました。 関東方面の人からの問い合わせでした。 「母が、だるまささげを栽培して、赤飯を作って食べさせてもらったらおいしかったので、タネを買って母に渡して栽培してもらおうと思うのですが、栽培して収穫するまでまてないので、たくさん買って食べてから種をまきたいんですよ。」  との問い合わせでした。

価格:280円
在庫数 : 2
注文数:

備中産 黒ささげ(別名:黒小豆) 岡山県内産

黒小豆 なのに、じつはささげの仲間。

 秋田県などでつくられる黒ささげは、栽培農家が減少しているようです。 黒ささげの多くはタイで栽培されるようになり「ブラックペルン」の名前で輸入されているようです。 黒ささげを使った赤飯は黒紫色になるのが特徴です。  沖縄でつくられる「黒小豆」は、小豆と言う名ですが、じつはささげなんだとか。 種皮の赤い色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、抗酸化作用や視力を向上させる効果があるとも言われているようです。 だから、皮ごと食べられるように調理したいですよね。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、カリウム、食物繊維、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2
◎エネルギー:336kcal (ささげ)
◎主な生産地:秋田県、沖縄県。 ※日本国内で流通しているささげは、8割以上が中国やタイから輸入されているようです。日本では沖縄県や岡山県が主力の生産地のようです。 
◎体への働き:☆代謝のアップ。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。貧血の予防。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:つやのある黒色。
◎豆の原産地:アフリカ
◎主な食べ方:あん、甘納豆、赤飯など

価格:250円
ただいま在庫切れです。お問合せ下さい。

備中産  もち米   岡山県産

 わが家は、昔からもち米も栽培しています。 うちのおばあさんがモチが好きで、自家栽培のもち米で毎年正月用のもちをついています。 きめ細かくのびが良いのが特徴のもち米です。

価格:150円
在庫数 : 10
注文数:

備中産オーガニックな栗を使った「栗の実 羊羹」

 栗は秋の実りの代表格。 

栗が好きな人向け専用羊羹です。

 今年の秋に収穫した新栗のみを使っています。

あんの3倍ほどの栗がぎっしりと詰まっている。 


あっさりとした味わいで、 「しっとり甘さ控えめのようかん。」「地元産新栗がぎっしりでぜいたく。」  なんて 言われていますよ。



価格:600円
在庫数 : 20
注文数:


page top↑
| ホーム |