ホーム 全件表示 > 果物(くだもの)
果物(くだもの)


冷凍 八朔(ハッサク)皮むき済

フルーツパフェなどに利用したらいいんじゃないかと思います。

来年(2016年)の予約を受け付けています。

価格:500円
在庫切れです。お問合せ下さい。

備中びっ栗 無農薬有機栽培の生栗(銀寄)1キロ

今年2016年も栗が生り落ちてきました。 でも今年は栗が少ないようです。

栗の渋皮煮でご利用されていることがあります。
栗は特に選別していません、大小の大きさの栗が混ざっています。

秋の味覚と言えばやっぱり栗です。
栗は、ほとんどが銀寄という品種ですが他の品種が混ざっています。
「銀寄」は、数多くある栗の品種の中でも最高峰!と呼ばれているのかどうかは知りませんが、栗の中でも品質トップクラス、甘くて大きくてホクホクの塩飽農園産無農薬有機栽培の銀寄栗です。
 中生品種で、甘味が強くて果肉は粉質です。いわゆる「ホクホクで甘い」という食感です。高級菓子の原料としても大変人気が高い品種のようです。

栗ごはんの作り方はこちら http://cookpad.com/search/%E6%A0%97%E3%81%94%E9%A3%AF

生栗の発送は、9月末~10月初ごろまでです。 

 冷凍栗(圧力ナベで煮て、栗を包丁で真っ二つ割り、スプーンで掘り出して冷凍にしたもの)がありますので、お問い合わせください。 tel: 080-6313-6856

価格:650円
栗が無くなりました。TEL:080-5758-7508 

備中産2016 オーガニックな栗の実 (冷凍)

 今年(2016年)もコツコツと栗の実をほじくりました。

 拾ってきた栗は、水に浸けて沈んだものだけを選び出し、虫食いの栗ははじきます。 圧力なべで栗を煮てから、熱いうちに包丁で真っ二つに切り、特製スプーンで栗の実をほじくって取り出した栗の実を冷凍にしています。

 30年以上完璧すぎる無農薬で有機栽培の栗です。 栗畑の周りは耕作放棄地で農薬など一切使用していません。っていうか栗の木の下草を刈ることしかしていません。自然栽培って言った方がいいのかな?

 マロンペーストを作るために冷凍保存をしているものです。 作ったマロンペーストを使って、和栗シュウクリーム、和栗焼きプリン、モンブランケーキなどがつくれます。

 栗を圧力鍋で煮(ゆで)たものを、包丁で半分に切って、スプーンで実を取り出したものを冷凍にしました。  包丁で鬼皮を切りますので、鬼皮や渋皮のかけらが混入する場合があります。神経質な方はご遠慮ねがいます。

価格:1,500円
在庫数 : 6
注文数:

備中産 日本いちじく (岡山県内産)

 イチジクは、甘さと香りが濃い日本イチジクと、大ぶりな果実でさっぱりした味の西洋イチジクがあります。 さて、あなたはどちらが好み? (国内で流通しているイチジクの約8割は西洋イチジクと言われています。)
 食物繊維が豊富で、消化を助ける酵素フィシンを含み、食後のデザートに最適ですよね。

 岡山県内では笠岡市が日本イチジク、備前市、岡山市が西洋イチジクの産地となっています。 露地物は8月から出回り始め、9月中旬から下旬が最盛期といわれています。

 今年は8月後半の天候不順で例年より3割から4割も少ない状況で、スーパーなどでは1パック(3個から6個入り)が400円~500円とやや高めのようです。
                                            (2015-09-20)

◇イチジクの選び方知ってますよね。◇
 切り口が乾燥していなくて、果実全体が均一にえんじ色なっているものがおすすめです。 果頂部(果実の先(頭)の部分)が割れて中が少しのぞいたぐらいが食べごろです。 痛みやすいので早めに食べれない場合は、切り分けて冷凍かドライフルーツや、ワイン煮などに加工した方がいいと思います。 雨上がりに収穫したイチジクは、傷みやすく味も落ちるので避けた方がいいのですが、買う時にはいつ採ったかわかりませんよね。

価格:2,000円
在庫数 : 0 箱

ぶどう マスカット・ニューベリーA 

岡山県産のマスカット・ニューベリーAです。 

ジュースやジャムなどの加工用に使われる人が多いです。 自分で作ったぶどうジュースは、やがてワインに変わり、その後酢になるまで楽しめます。 ぶどうは生で食べるのもいいのですが、ジュース、ワイン、酢と、4種類の味が楽しめるのも面白いです。

9月中ごろ~10月が収穫時期になります。

価格:2,300円
9月~10月の収穫となります。

塩飽康利葡萄(ブドウ)2kg箱用 [岡山県井原市内産]

今の時期のブドウは、露地栽培となります。 品種は、ニューピオーネ、安芸クイーン、シャインマスカット、オーロラブラックなどです。


葡萄の発送時期は、7月~11月です。
9月から露地栽培の葡萄となります。 時期によって葡萄の品種が違います。 お気に入りの品種がある場合は、お問い合わせください。 tel: 080-5758-7508


☆岡山県内産ブドウ出荷最盛期。 

                           (2015/9/17)

岡山県を代表する果実であるブドウの出荷が最盛期を迎えているようです。

 JA全農おかやまによると、8月下旬の低温で昼夜の寒暖差が大きかったことなどから着色、糖度とも良好とのことで、年間出荷量は主力のピオーネが前年並みの4600t、岡山県が次世代フルーツとして推奨するシャインマスカットは前年比3割増の550tと見込まれているようです。

 岡山県産ブドウの約7割を占めるのはピオーネで、4月、5月からビニールハウス内の加温物、7月から無加温物が出回ります。 8月下旬からは主力の露地物が加わります。岡山県内の主生産地は高梁市、新見市などの岡山県中北部です。

 全農おかやまによりますと、8月末までの出荷量は前年比1%増の940tで、1kg当たりの平均市場単価は前年比4%増の1,206円とのことです。 8月前半の高温で糖度が上がり、8月後半の低温で酸味が抜け、色付きも進んだというそうです。

 岡山県産ピオーネの約2割を出荷するのが、新見市にあるJA阿新のぶどう部会で(315戸)、9月9日に初出荷し、例年にないほど大粒で色付きが良いそうです。糖度も17度以上と出荷基準の16度を上回っているようです。

 一方、種なしで皮ごと食べられるシャインマスカットは、高級品として有名なマスカット・オブ・アレキサンドリアの出荷量を初めて抜いた昨年に続き、東京や大阪市場向けが順調のようです。 シャインマスカットの出荷量は30%増の217tで、1kg当たりの平均市場単価は13%増の2,780円となってるようです。

 倉敷市船穂町などが主産地のマスカット・オブ。アレキサンドリアは栽培農家の高齢化や多品種への切り替えが進み、今年の栽培面積は昨年より1割減と言われています。出荷量は161t(前年比7%減)、平均市場単価は2,694円で前年比8%増のようです。

 この他、大粒で脱粒が少ないオーロラブラックの出荷量は74tで昨年比27%増で、平均市場単価は1,016円のようです。 また、皮ごと食べれる瀬戸ジャイアンツの出荷量は55tで5%減、平均市場単価は18,34円で、前年比14%増だとか。

 全農おかやまは、「全般的に出来栄えは順調との意見です。 出荷は10月頃まで続くため、晴天の日が増えれば品質はさらに高まるだろうと期待しているようです。


価格:2,800円
ただいま売り切れ中です! お問合せ下さい。

備中産 ニューピオーネ(露地物) 2キロ箱 岡山県産

岡山県の特産と言われているニューピオーネです。
ハウス栽培ではありません。露地栽培のニューピオーネです。

 ピオーネは、イタリア語で開拓者という意味です。  ピオーネには種がありますが、ジベレリン処理(ホルモン剤に漬けて種をなくす作業)を行うことで種無しに育てたものがニューピオーネして出荷しています。



価格:2,800円
お問い合わせください。

備中産 清水白桃 岡山のもも

今年はおおむね良好な「岡山の桃」。

岡山を代表する夏の果物・桃の出荷がピークを迎えています。 今年は5月の好天で全般的に生育が進み、出荷は平年より1週間程度早いペースと思われていました。 玉太りや食味などの品質はおおむね良好ながら、7月の台風11号が清水白桃の収穫期を迎えた桃畑を直撃し、実が落ちたり、若木が折れたりして約1割に被害が発生しました。 台風直撃により大きな打撃を受けています。

価格:5,000円
在庫切れ、お問い合わせください。


page top↑
| ホーム |