ホーム 全件表示 > 米(こめ)& 雑穀
米(こめ)& 雑穀


古代米の赤米(紅染めもち)玄米
赤米は、縄文時代に大陸から日本へはじめて伝わったとされる日本のお米のルーツとも言われています。邪馬台国や、大和朝廷に献上されていたのも赤米だったそうです。
価格:150円
在庫数 : 50
注文数:

2017年収穫 モチ性大麦【弥冨モチ】(150g)

http://blog.goo.ne.jp/a409s/e/70e7598832bf588a9e531a633c6d7726

珍種 豊富な用途、ヤセ地対応、耐病性。
 うまい「麦ごはん」、 硬くならない「だんご」、 甘みの強い「みそ」など。

 関西の山間部や海岸地帯で在来種としてつくられ、特に瀬戸内海沿岸や島の畑に昭和30年代半ばまで栽培され、自家用に消費されていた麦です。 

 いつのころから我が国で栽培されていたのかは定かではないようです。やせ地にも育ち、あまり肥料も必要としないし、病害にもかなり強いようで、古くから栽培されていたのではないかと言われています。

《利用方法》
①モチ性大麦はモチ米には及びませんが混ぜると柔らかさを増します。 
②「だんご」にした場合、冷えても硬くなりにくいようです。
③「麦ごはん」にしたとき、普通の麦ごはんよりもボロボロになりにくいです。
④デンプンがアミラーゼで分解しやすいので消化がよい。(アミラーゼとは膵臓で作られる酵素の1つです。 食べ物が食道を通り、胃で溶かされて、十二指腸に到着すると、そこに膵液と胆汁が加わって、本格的な消化が始まります。 この膵液にはアミラーゼ、トリプシン、リパーゼなどの消化酵素が含まれています。)

具体的な用途としては
1、だんご: できるだけ細かいフルイに通して製粉したものに、粉と同量の水を加えて、よく練り合わせる。これを適当な大きさに切り、丸めて、味噌汁の中に入れれば「だんご汁」のできあがりです。 
 また、丸めた生地を少し押し広げるか、両指で押さえて、沸騰している湯の中にドップリ入れ、4~5分たって浮き上がったものを取り出す。 これに黄な粉やあんこを付けてもいいんじゃない。
2、麦ごはん:「もち性大麦」は紫色をしていますが、精白して白くしておく。これをそのままか押し麦にして、米と一緒に炊けば麦ごはんとなります。
3、その他の加工品: 麦芽や麹に含まれているデンプン分解酵素で分解されやすいので、発酵原料として有用です。 たとえば、味噌に「モチ性大麦」を加えると糖分が増え甘味の強い味噌となるでしょう。 また、麦から取り出したモチデンプンは製菓材料としても適しているようです。

《栽培方法》
 大麦、裸麦の作り方とほぼ同じです。 この「モチ性大麦」は草丈が高く倒れて伏せやすい品種になるので、多肥料を避けて、根元の土寄せや土入れによって倒れを防ぐことが必要になります。 また熟期が早いので、スズメなどに食べられないように注意する必要があります。
(1) 種まきの時期: 
 近畿、中国地方で、10月下旬から11月中旬までが適期と言われています。 12月上旬まで種まきはできるようですが、種まきが遅くなると麦が実るのも遅れて収穫量が少なくなります。
(2) 種まきの量: 栽培方法によって違ってくると思いますが、すじまきで土寄せができるようにすると、1反当たりのタネ麦の量は5~6kgとなります。 (1反は300坪で約10アールです。)
(3) 肥料の量: 畑が肥えてるかやせてるかにより異なります。 畑が肥えてる場合は肥料なしでいいのですが、普通の畑では普通大麦の半分の肥料を施せばいいと言われています。 肥料の全量が元肥で窒素、リン、カリ共に1反当あたり5kgぐらいです。
(4) 手入れ: 
 霜柱が高くたつ土質では、麦の根が浮き上がるのを防ぐために麦ふみをすることになります。 麦ふみは、土が乾燥してる時にした方が良いそうです。 3月中旬に除草と土寄せをします。 土入れをすればさらに良くて倒れ防止になります。 その他除草剤をまくなどをされる人は、普通大麦に準じます。
(5) 収穫:
 5月下旬~6月上旬に、実った麦の実を圧縮して液汁が出なくなれば刈り取り時期です。 気温の高い地方では収穫時期が早くなるので注意してくださいね。 収穫量は通常1アールで32~37kgで平均値は34kgのようです。



価格:300円
ただいま在庫切れです。

備中 黒米(品種:おくのむらさき)1合(岡山県産)


価格:250円
在庫数 : 12
注文数:


イタリア米(カルナローリ) 玄米 1合(約140g)岡山県産

 2016年産イタリア米(品種:カルナローリ)は完売となりました。

しかし、バケツやコンテナーでちょっと栽培してみようかと思われてる方用の種モミになると思えるモミが少しですがあります。 ご希望の方は 080-5758-7508 までお問い合わせください。


 自分で栽培して調理し、食べるリゾットは最高じゃないかと思っています。

 2017年産イタリア米をご希望の方は、ご連絡いただければ栽培量を増やそうかと思います。

価格:150円
在庫数 : 0 袋


page top↑
| ホーム |