ホーム 全件表示 > 米(こめ)& 雑穀
米(こめ)& 雑穀


発芽前分づき玄米(備中産)
 この発芽玄米ですが、正確に言うと発芽前の玄米なんですよ。 ふつうの白米を炊くときと同じように吸水させて炊けば、食べるときには発芽玄米ごはんになってるっていうお米です。

発芽のパワーを最大限に高める「発芽ごはん」
 
玄米には、白米に比べ食物繊維や各種ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸など、人間に必要な栄養素がバランスよく含まれています。 玄米の表面を薄く一皮はいだ発芽前分づき玄米は、有用成分を含む胚芽や澱粉子を残し、玄米の硬いシブ皮を取り除くことで水が浸透しやすく、浸漬すると約30分で発芽の準備を開始。
白米と比べても食べやすい、健康食に変身します。これが「発芽ごはん」です。

■天然ギャバ
栄養成分「ギャバ」が豊富 

「ギャバ(γ-アミノ酸)」が白米の約34倍も含まれており、脳の血流を活発にし、酸素供給を増加させ、脳の新陳代謝を促進することから、高血圧・動脈硬化・認知症等の予防効果が注目されています。


■食物繊維
便秘やダイエット、生活習慣病にも!

「発芽ごはん」に多く含まれる「食物繊維」が便秘を予防し、腸内の毒素を排出。また、脂肪を包み込んで吸収を遅らせ、余分な脂肪摂取の抑制やコレステロール&血圧を下げる効果も期待されています。


■マグネシウム
健康維持には不可欠なミネラル

マグネシウムは、脳の働きや神経を動かすには必要なミネラル分ですが、必要量を摂取するのが難しく、不足すると偏頭痛をはじめ筋肉・心筋の伸縮不全など生活習慣病全般に影響があるといわれています。


■ビタミンB1・ビタミンE
元気を保っていつまでも若々しく!  

「発芽ごはん」に含まれる「ビタミンB1」は肩こりや疲労回復に、また、「ビタミンE」は冷え性や老化防止に効果があるといわれています。


価格:300円
在庫数 : 12
注文数:

人生の記念日に贈る「祝い米」 ちょっとしたプレゼント米 (岡山県内産)

 人生の記念日や、お歳暮やお中元での粗品に、記念品として、営業での訪問時などの、ちょっとしたプレゼントに使えそう! 食べ切りサイズなので気軽にあげたり、もらったりできるのがいいね。


【賀寿】 現在は満年齢でお祝いをするほうが多くなっています。
61歳・・・・・還暦(かんれき) 60歳の誕生日にお祝いをします。
70歳・・・・・古希(こき) 
77歳・・・・・喜寿(きじゅ) 
80歳・・・・・傘寿(さんじゅ) 
88歳・・・・・米寿(べいじゅ)
90歳・・・・・卒寿(そつじゅ)
99歳・・・・・白寿(はくじゅ)
100歳・・・・百寿(ひゃくじゅ)

【子どもの慶事】
◎帯祝い(着帯(ちゃくたい)の祝い) 
 妊娠5ヶ月目の戌(いぬ)の日に初めて腹帯を巻きます。帯祝いの帯は「岩田帯(いわたおび)」といって正式には紅白の絹地を付け、安産を祈る慣習です。 
◎お七夜 
 生まれて7日目。通常この日までに命名します。 
◎お宮参り 
 生後初めてその土地の氏神様を参拝する初宮参り。参拝時期は男の子は生後31日目、女の子は32日目に行いますが一般には休日で、大安・晴天が重なった日の参拝が多いようです。(地域により異なり、100日目の場合もあるようです。) 
◎お食い始め 
 お椀や箸などはすべて新しいものを整えましょう。元来は妻の実家から贈るのがしきたりでした。 漆器の祝い膳セットも販売されていますが、離乳食用の器を使っても問題ないでしょう。
◎初節句 
 赤ちゃんが生まれて初めて迎える節句を初節句といい、男の子は5月5日の端午(たんご)の節句、女の子は3月3日の桃の節句にあたる。
◎七五三
 11月15日に3歳は男女とも、5歳は男の子、7歳は女の子のみが氏神様の神社を子どもの成長を祝福し参拝します。 元は数え年で祝いましたが、現在は満年齢で祝う場合が一般的で、どちらでも構わないようです。

【結婚記念日】 
1年目・・・紙婚式、  2年目・・・綿婚式、  3年目・・・革婚式、 
4年目・・・花婚式、  5年目・・・木婚式、  6年目・・・鉄婚式、 
7年目・・・銅婚式、  8年目・・・青銅婚式、 9年目・・・陶器婚式、

10年目・・すず婚式 / アルミニウム婚式、 11年目・・鋼鉄婚式、 
12年目・・絹婚式 / 麻婚式、         13年目・・レース婚式、 
14年目・・象牙婚式、 15年目・・水晶婚式、 20年目・・陶器婚式、 
25年目・・銀婚式、  30年目・・真珠婚式、 35年目・・珊瑚婚式、

40年目・・・ルビー婚式、  45年目・・・サファイア婚式、 
50年目・・・金婚式、   55年目・・・エメラルド婚式、 
75年目・・・ダイヤモンド婚式、 
(国によっては60年目の場合もあるようです。)


価格:200円
在庫数 : 28
注文数:

備中産  もち米   岡山県産

 わが家は、昔からもち米も栽培しています。 うちのおばあさんがモチが好きで、自家栽培のもち米で毎年正月用のもちをついています。 きめ細かくのびが良いのが特徴のもち米です。

価格:150円
在庫数 : 10
注文数:

金塊米 ザ・ゴールド

幸運を呼ぶ金塊の型をした箱にお米が入っています。
お米の品種はひのひかりです。

 金塊の形をした紙箱は、一つ一つ手作りしています。

 プレゼントのウケ狙いにご利用される方がいます。 

価格:1,000円
在庫数 : 3
注文数:

ギフト米 1箱

 お中元などの贈り物としてご利用ください。


価格:1,500円
在庫数 : 5
注文数:

備中産 白米(朝日) 1合  岡山県産

今では、岡山県内でも珍しい品種となりました。
昔は、すし米として人気があったようです。

もっちりと、噛み応えある お米です。

価格:150円
在庫数 : 50
注文数:

自然から与えられたままの玄米 1合(岡山県内産)

  日本は大昔、豊芦原の瑞穂の国(とよあしはら‐の‐みずほのくに)と呼ばれていたそうです。 《神意によって稲が豊かに実り、栄える国》って意味らしく、日本国の美称のようです。 稲は、湿気の多い日本の風土にぴったりな穀物のようです。 昔も今も、日本人にとってはなくてはならない主食ではないでしょうか。
 自然から与えられたままの米、つまり精米していない、もみ殻だけを取ったままの米が玄米です。 もみ殻を取っただけなので、胚芽の部分もそのままで、糊粉層、果皮、種皮と言う部分も もちろんそのまま残っていますよ。 日本人が長い歴史のなかで、主食として食べてきた米は玄米でした。
 ところが、搗いて(精米して)皮も胚芽も取り除き、胚乳(米の中心部)の部分だけにした白米を、江戸時代ごろから食べるようになってきました。 そのため、「江戸わずらい」と呼ばれる脚気(かっけ)が流行しはじめ、病気が多くなったと言われています。


※玄米と白米では、栄養価には雲泥の差がある。
  白米、つまり胚乳だけの米の主成分は、でん粉と7%のタンパク質ですが、玄米や胚芽米の胚芽の部分は、糖質の代謝を助けるビタミンB1が、白米の4倍もあります。 このビタミンB1が身体から不足すると、体がだるい、手足がしびれる、居眠り、神経の炎症などの症状が現れると言われています。 おいらが、むかし学校の朝礼の時に倒れる子がいたのもビタミンB1不足からくる生理現象だったのだろうか?
 ビタミンB2も多く、成長促進因子で発育に欠かせないビタミンB2は、また皮膚を丈夫に美しく、体液の酸化を防ぎ、血液を浄める働きもあるそうです。 ナイアシンと言う成分も多いようで、これはガンを抑制する作用もあるとか。  
 骨を丈夫にするビタミンDもあるそうで、この頃の子どもが骨折しやすいもろい骨になったり、虫歯が多くなったのも、精米した穀類や甘いものの食べ過ぎや飲みすぎが原因かも知れません。
 胚芽の中には、生殖ビタミン、または、老化防止のビタミンとして知られるビタミンEがあり、不妊やインポテンツの人が、玄米食を続けるうちに子宝に恵まれる事もあったそうです。このビタミンEが欠乏すると生殖細胞が異常となり不妊症や流産などの原因になる事もあるようです。
 皮膚を美しくするビタミンFの含まれていて、ビタミンFが不足すると肌がカサカサになり、排卵不全や血尿を起こすとも言われています。
 また玄米には、肝臓を強めて老廃物を体外に排泄する大切な役目を果たすイノシントールや、制ガン作用のあるベーターシステロールという成分もあるようで、体力増進に役立つのはもちろん、解毒作用を強める力もあるようです。


価格:100円
在庫数 : 28
注文数:

お米  白米(ヒノヒカリor恋の予感)5kg
 
価格:1,300円
在庫数 : 29
注文数:

ペットボトル入りのお米 マイペット2(2ℓ×2本) 岡山県産

  取り扱いしやすいペットボトルに入ったお米です。


価格:1,200円
在庫数 : 10
注文数:

米ハート(My heart)日本の心 私の気持ちを贈る

誕生日、記念日、母の日、敬老の日、仕事上などで、ちょっとした贈り物にどうぞ!


価格:800円
在庫数 : 1
注文数:


page top↑
| ホーム |