ホーム 全件表示 > 豆(まめ)
豆(まめ)


備中 オーガニックな 秋ささげ

 江戸時代、切腹を連想させる小豆の代用として、武家社会だった関東で赤飯に使われる豆がささげです。

 ささげは、アフリカ原産のものが中国を経て渡来したとされる。日本では平安時代にはすでに「大角豆」の名前で記録が残されているようです。形は小豆に似ていますが、植物分類学上は同じササゲ属ながら別種とされます。小豆より全体に角張っていて、へそが丸く黒い輪郭をもつのが特徴です。

 長細いサヤを牙に見立てて「細々牙」としたとか、サヤが上を向いていて、ものをささげ持っているように見えるからとか、名前の由来には諸説あるようです。

 日本では主に関東より南の温暖な地で栽培され、ほとんどが赤い色の品種です。また、昭和30年代までは国内栽培が盛んでしたが、現在国内で流通しているささげは、80%以上が中国やタイから輸入されているようです。日本では沖縄や岡山が主力の生産地です。(他の主な生産地は秋田県、山形県、岐阜県)

 煮ても皮が破れにくいささげは、関東では小豆の代わりに赤飯に用いられます。 小豆は煮た時に皮が破れやすく「腹切れする豆は切腹に通じる」として武士のあいだで嫌われたためのようです。

価格:280円
在庫数 : 1
注文数:

備中 大納言 100g(岡山県産)

 甘納豆や和菓子に利用価値が大きく、小豆より大粒で煮くずれしにくい。
 粒の大きさが小豆よりも大きいものを大納言(だいなごん)というそうです。〔具体的には、5.8mmフルイに留まる大きさで大納言銘柄の品種。 と言うことは、大納言品種の豆でも5.8mmより小さければ大納言じゃないのかな?〕 大納言は煮た時に皮が破れにくい性質があり、「腹切れ」が生じにくいことから、切腹の習慣のない公家にたとえて、その官位である「大納言」と名付けられたのではないだろうかと言われています。   また、豆の形が大納言がかぶった烏帽子に似ている事が名前の由来という説もあるようです。

 江戸時代には、大納言より小粒なため「中納言」、「少納言」と名付けられた品種ができ、現在も一部の地域で栽培されているようです。 大納言の栽培面積が大きいのは北海道(渡島、檜山地方)で、「ほまれ大納言」、「とよみ大納言」、「アカネダイナゴン」などの品種が栽培されています。 北海道以外では、岩手県-ベニダイナゴン。 山形県-アカネダイナゴン。 新潟県-ベニダイナゴン。 京都府-京都大納言、丹波大納言。 兵庫県-丹波大納言。
  大納言は色つやが良く、大粒で煮くずれしにくい性質があるため、和菓子のなかでも甘納豆、鹿の子(かのこ)などといった豆粒の形をそのまま生かした食品の原料として使われることが多いようです。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、鉄、カリウム、ビタミンB群
◎エネルギー:339kcal (小豆)
◎主な生産地:京都府、兵庫県の一部。 
◎体への働き:☆むくみ解消。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を調える。編血の予防。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:ほかの品種に比べて大粒で赤い。
◎豆の原産地:アジア
◎主な食べ方:小倉あん、甘納豆

価格:300円
在庫数 : 3
注文数:

備中だるまささげ (岡山県産)

横から見るとだるまに見える愛らしい豆。

 ささげの原産地はアフリカのようです。 アフリカ原産のささげが中国を経て平安時代には日本に入って来ていたようです。 その頃は、「大角豆」と言われていたようで、江戸時代には紅色から「紅豆」とも呼ばれていたようです。

 ささげという名前の由来はいくつかあるようですが、豆の細いサヤを小さな牙に見立てて「細々牙(ささげ)」と呼ぶ説と、豆のサヤが物を捧げるかのように上を向いてなるから、ささげと呼ばれるようになった説があるようです。 どちらにせよ、豆のなってる状態を見て名前を決めたようですね。

 ささげにも品種があるようで、大粒種と小粒種があり、こちら備中産のささげは大粒種です。 沖縄には黒ささげがあるようです。

 江戸時代、武士の家などでは、あずきに代わってささげを赤飯に使われるようになったそうです。 小豆は煮たときに皮が破れやすいので、豆の皮が破れることを「腹切れ」と呼ばれ、「切腹」を連想させるからと、煮ても皮が破れにくい ささげ豆を赤飯に使うようになったそうです。 我が家は、昔から農業だったのか、小豆で赤飯を炊いていますけど。

 ささげは、小豆よりも煮崩れしにくいのでキレイな仕上がりになるようです。 地元(備中産)のものは、食味、色味がよいとの評判です。

 種皮の赤い色素にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、抗酸化作用や視力を向上させる効果があるとも言われているようです。 だから、皮ごと食べられるように調理したいですよね。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、カリウム、食物繊維、鉄、ビタミンB1、ビタミンB2
◎エネルギー:336kcal (ささげ)
◎主な生産地:岡山県。  ※日本国内で流通しているささげは、8割以上が中国やタイから輸入されているようです。日本では沖縄県や岡山県が主力の生産地のようです。 日本国内のささげのおもな産地は、岡山県、沖縄県、秋田県、山形県、岐阜県のようです。
◎体への働き:☆代謝のアップ。体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。貧血の予防。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:へこみがあり、だるまのような形状。
◎豆の原産地:アフリカ
◎主な食べ方:あん、甘納豆、赤飯など。


価格:280円
在庫数 : 3
注文数:

備中だるまささげ(種子)

 備中だるまささげは、農家がずーっと引き継いだ品種。

 一度でいいから、「だるまささげ」を植えて栽培してみたい! と思ってる人向けの種子です。

 安心してください! 食べることもできまよ。 種用としての消毒などの処理は全くしていません。 

◎1袋100gで約500粒の豆があります。2粒づつ30cm間隔で植えると、30㎡の土地が必要になります。 発芽率は100%ではありません。鳥に食べられこともあります。 プランターなどで苗作りしてから、畑に植える方がいいかと思いますが、その分、手間がかかります。

◎先日(2016年2月27日土)、「だるまささげは、いつごろ植えたらいいんですか?」って問い合わせがありました。 「こちらでは、4月20日ごろから5月のゴールデンウイークが終わるまでに植えるようにしていますよ。」って言いました。 また、「収穫はいつ頃ですか?」と言われ、「8月初旬くらいから、カリカリに熟れたものから、毎日、サヤごと収穫して天日干しして、脱穀しますよ。」って言いました。 わかってもらえただろうか?

◎「この備中だるまささげの種は食べれますか?」って、今日(2016年2月17日水)も問い合わせがありました。 関東方面の人からの問い合わせでした。 「母が、だるまささげを栽培して、赤飯を作って食べさせてもらったらおいしかったので、タネを買って母に渡して栽培してもらおうと思うのですが、栽培して収穫するまでまてないので、たくさん買って食べてから種をまきたいんですよ。」  との問い合わせでした。

価格:280円
在庫数 : 2
注文数:

備中産 いんげん豆(岡山県内産)

食べるだけじゃない!

タネとして栽培して楽しんでる方もいます。

価格:150円
売り切れです。予約受付中、お問合せ下さい。

備中産 いんげん豆(紅しぼり)

 紅白のめでたい色が祝いの席によく似合う!

 紅白のまだら模様が特徴の在来種ですが、たまに赤色だけのものも生ります。 色がめでたいということで、おもに産地である北海道では、煮豆にしてお祝いの席に出される風習があると聞いたことがあります。 香りが良くあっさりとした味わいが楽しめますが、生産者がわずかで希少な豆のため、一般に出回ることは少ないように思います。


◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、ビタミンB1、鉄、カルシウム
◎エネルギー:333kcal (いんげん豆) *「日本食品標準成分表2010」から引用しました。可食部100g中の数値です。
◎主な生産地:北海道。   主に製餡原料になるインゲン豆は日本国内で栽培されるより輸入が多いようです。いんげん豆等の主要輸入国は、アメリカ(1万2046t)、ミャンマー(9245t)、中国(7199t)、カナダ(5133t)、タイ(99t)  *データーは平成23年(1月~12月)のもので、財務省「日本貿易月表」から作成。 
◎体への働き:☆体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。疲れをとる。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:白地に赤紫の斑紋。
◎豆の原産地:中南米(いんげん豆)
◎主な食べ方:煮豆など。


価格:260円
在庫数 : 2
注文数:

備中産 うずら豆(岡山県内産)

うずら卵のようなまだら模様が目を引く!

 北海道開拓時代から栽培されてきたのが うずら豆 だとか。 見た目がうずら卵のようなまだら模様をしているから、その名前が付けられたようです。煮豆や甘納豆の原料として使用されることが多いようです。外国では煮込み料理やスープに使われているようですね。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、ビタミンB1、鉄、カリウム、カルシウム
◎エネルギー:333kcal (いんげん豆)
◎主な生産地:北海道(十勝地方、上川地方、石狩地方)。  主に製餡原料になるインゲン豆は日本国内で栽培されるより輸入が多いようです。いんげん豆等の主要輸入国は、アメリカ(1万2046t)、ミャンマー(9245t)、中国(7199t)、カナダ(5133t)、タイ(99t)  *データーは平成23年(1月~12月)のもので、財務省「日本貿易月表」から作成。 
◎体への働き:☆体を元気にする。免疫力アップ。食欲増進。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:淡い褐色の地に赤紫の斑紋。
◎豆の原産地:中南米(いんげん豆)
◎主な食べ方:煮豆、甘納豆


価格:150円
在庫数 : 1
注文数:

備中産 くらかけ豆(岡山県産)

海苔のような香りに こりこりとした食感

 緑色の地に黒い斑点がある青大豆です。  この模様が、馬に鞍をかけたように見えることから名前が付いたそうです。 ゆでると海苔のような香りがして、こりこりとした食感になるのが特徴のようです。 香りを楽しむのなら、シンプルな塩ゆでがおすすめです。  とある郷土料理の「浸し豆」にも使われるようです。  この豆は香りと食感のよさで人気があるようです。

◎主な栄養成分:タンパク質、食物繊維、脂質、ビタミンB1、ビタミンB2、鉄、カリウム、カルシウム。
◎エネルギー:417kcal(大豆)
◎主な生産地:長野県 
◎体への働き:☆体を元気にする。代謝アップ。血行促進。胃腸を整える。骨粗しょう症の予防。 
◎豆の区分:脂質グループ 
◎豆の特徴:「中粒」 楕円形が熟すと丸くなる。
◎豆の原産地:中国
◎主な食べ方:納豆、豆腐、醤油、味噌、塩ゆでなど

価格:250円
在庫数 : 4
注文数:

備中産 ベニバナインゲン(花豆)(岡山県内産)

今年の豆の色は、紫じゃなく茶色っぽいです。 こちらの地区でも標高が450m以上の場所でないと花は咲いても実になりません。

食べるだけじゃない!
華やかな赤い花を愛でて楽しむ。

 豆は写真のように紫色と黒色が混ざった模様になっています。 この豆の花は見た目の鮮やかな赤で観賞用にもなります。 鮮やかに赤く咲いた花を酢漬けにして酢の物などの付け合わせにするといった利用法もあるようです。

◎主な栄養成分:炭水化物、タンパク質、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、カリウム
◎エネルギー:332kcal
◎主な生産地:ダントツで北海道です。9割が網走地方、胆振地方で作られています。インゲン豆の中でもベニバナインゲン(花豆)は全体の約4%しか作られていなく、北海道以外の東北地方、長野県、群馬県でも一部生産されているようですが、市場に出回ってるのはほとんどが外国産のようです。 
◎体への働き:☆体を元気にする。免疫力アップ。胃腸を整える。疲れをとる。 
◎豆の区分:炭水化物グループ 
◎豆の特徴:楕円形で大粒です。淡い赤紫地に黒斑がある。
◎豆の原産地:南アメリカ
◎主な食べ方:煮豆


価格:250円
在庫数 : 3
注文数:

備中産 古代エジプトの主食 ソラマメ
 岡山県井原市で栽培したソラマメです。
価格:100円
在庫切れです。


page top↑
| ホーム |